玉川病院ホームページはこちら

看護部紹介 看護部について

玉川病院看護部について

病院の理念を基に「人間的なかかわりと確かな知識と技術をもって安全で安心な看護を提供」の実現のため、看護部は看護の専門性を活かして、一人ひとりの患者さんのニーズに応じた心温かで信頼される看護を目指します。

看護部長あいさつ

看護部長 嘉茂 すみ代

近年、医療と看護を取り巻く環境は、医療制度の枠組みの中で厳しい状況になってきています。そんな中でも、心温かで安心と信頼の医療が受けられる地域の病院を目指し、看護職員一同日夜努力しています。従来にも増してスキルアップに力を注ぎ、ナースが看護業務に専念できる体制作りを進めています。 これからの課題は、専門職であり生活者でもあるナースは、How to doから、キャリア開発に見合ったHow to beを常に考えて看護サービスの質向上を目指してチャレンジを続けることと思っています。

看護部長 嘉茂 すみ代

看護部理念

すべての人々の尊厳と権利を尊重し、人間的なかかわりと確かな知識と技術をもって安全で安心な看護を提供します。

すべての人々の尊厳と権利を尊重し、人間的なかかわりと確かな知識と技術をもって安全で安心な看護を提供します。

看護体制について

副看護部長 高橋 由美子

副看護部長 高橋 由美子

「看護師一人ひとりのキャリア開発を支援し、看護を語れるナースを目指します」を目標に看護の専門性に加え、それらを高めるための社会人基礎力を重視したプログラム作りを心掛けています。多様な人々と関わりを持ちケアを実践していくためには、自分から患者さんに語りかけ、働きかけていくことが必要とされます。状況を把握し、何を求めているのかを察知する。「看護師だからできること」、この経験の積み重ねが自信となり看護の本質に触れていくのだと思います。私たちはともに育つ共育環境の充実に力を入れて取り組んでいきます。

副看護部長 高橋 由美子

4つの能力

  1. 教育・研究能力
  2. 看護サービスの実践能力
  3. 人間関係能力
  4. マネージメント能力

玉川病院の看護師たち

PNS - パートナーシップナーシングシステム -

PNS

玉川病院では平成26年よりPNS(パートナーシップナーシング)を導入しています。PNSとは、2009年に福井大学医学部附属病院が開発した、安心で安全な看護を効率的に提供する新しい看護提供体制です。2人の看護師がパートナーになって複数の患者を受け持ち、お互いの技術や知識を補完しながら看護業務を行います。PNSについての詳細や1日の流れは「PNSについて」ページをご覧ください。

PNSについて

まずは一度お問い合わせください♪

contact us

採用についてのご質問や気になること、不安なこと、何でもお気軽にお問い合わせください。皆さんと一緒に働けることを職員一同楽しみにおまちしております!